PRIME CHANGE movie

スタッフブログ

BLOG

愛される力の大切さ

2024/05/29

マインド

人生は平等ではない

うちの会社で定めている行動指針は5つあって、その中に「謙虚」と言う項目があります。

そこに記載している内容を共有します。

 

謙虚

私たちは、謙虚さこそが、

人から愛されるための土台であると考えます。

業務における技術・実力が上がっても

それを誇示せず、初心を忘れないこと。

謙虚な人にしか、人は寄って来ず、

協力やアドバイスも集まることはありません。

常に謙虚さをもって、愛される人を目指します。

 

よく謙虚さをもたないといけないよ?と言われることはないでしょうか?

だけど、なかなかなぜ?まで説明できる人は少ない気はしますが、

うちの会社では「愛されるため」に必要であると説いています。

謙虚さこそが愛されるための土台であると。

 

自分で作っておきながらですが、まさにそうだなと自画自賛しています笑

 

周り見渡しても愛されない人って共通して謙虚さがないんですよね。

ちょっと褒めるとすぐに天狗になる人。自分が少しできるようになると人を見下し、人によって態度が変わる人。自己肯定感が高すぎて、すぐ調子に乗る人。

周りへの感謝の気持ちが足りない人。感謝の気持ちがないから運も寄ってこない人。

 

絶対こんな人愛されないわって書きながら思いました笑

でも周りに結構多くないですか?自覚があるならまだいいけど、自覚なくやっている人は最悪。

 

 

ここでちょっと話は変わりますが、みなさん人生って平等だと思いますか?

 

「人生平等だと思います!」って答える人は少ないと思いますが、人生はその通り平等ではなく不平等です。

ちなみに、

成功する人と成功しない人って何の量が違うからだと思いますか?

出世する人と出世しない人って何の量が違うからだと思いますか?

 

勉強量?行動量?人脈の量?

 

どれも正解だと思いますが、私は様々な成功者を見てきてその中で感じたのは、

圧倒的に

 

「もらえるチャンスの量」

 

が違うことに気づきました。

じゃあその「チャンスの量」はなぜ平等ではないのか、人によって違うのかは

どれだけの人に「愛されているか」どうかだと思います。

特に年上の人に愛されているかどうか。

基本的にチャンスをくれるのは、年上の方からになります。

年下からチャンスいっぱいもらえる!っていう人、みなさんの中にいますか?

いたらなかなか稀な存在だと思います。

会社とかで社長が年下というケースとかはありますが、基本的には年上になると思います。

 

上に例っぽく書いた、勉強量、行動量、人脈量も成功するためになくてはならないものですが、これもそれぞれの量が多いと人と違って魅力的になるから、人に可愛がられてもらえるチャンスも増えるということです。

結果、どれだけ可愛がられてチャンスをもらえるかに集約されるような気がします。

 

みなさんは愛されない人、可愛くない後輩にチャンスあげようと思いますか?

絶対にNOだと思います。この知識教えてあげよう、これをやってあげよう、こういう指導してあげようって思える相手って絶対に好きな人です。

人生で1回しかチャンス貰えない人と10回チャンスもらえる人、どっちが成功する、出世すると思いますか?

もらったチャンスを確実にものにする能力も必要だと思いますが、絶対的な量が違えば多少能力が違ってもどうにもならないです。

 

私は自慢ではないですが、先輩に可愛がられる能力は段違いだと思います。

社内でも絶対に一番。

これまで会社が大きくなってきた理由はこの能力のおかげだと言っても過言ではないです。

人よりも圧倒的にチャンスをもらっている回数が多いと思います。

 

本当に先輩さまさまだし、本当に本当に感謝しております。

 

じゃあなぜ可愛がられるのか?

それはとても簡単で、今まで書いてきた原理を知っていて、ちゃんと先輩に可愛がられよう、愛されようと努力するから。

意外にも多くの人はこの努力をしていないです。プラスしかないのにしていない。。。

うちの社員でもみんな弱いなーと思います。

 

一つアドバイスすると、「距離の詰め方」がとても大切です。

というかこれができないと話にならない。特に若い子とかは、「嫌われないようにしよう」が先走ってしまい、

全然距離が縮まらず、先輩からすると無関心状態になってしまっています。

よく言われませんか?

好きの反対は嫌いではなく、無関心だと。

無関心ほど、愛されない人はいません。そりゃ当たり前ですが。

距離詰めすぎて、多少事故って嫌われたとしてもそっちの方が圧倒的にマシです。

無関心から愛されるに変わることは一生ありませんが、嫌いから愛されるに変わることは多いにあります。

先輩に対して、多少無礼でも、失礼に当たるかもしれないけど、勇気を持って距離をつめに行くこと。

これができない人に成功者は出ません。これは断言できると思います。

 

無欲な人はそのままでいいと思います。

ただ、ちょっとでも出世したい、成功したいと思っている人は勇気を持って実践してみてください。

嫌われてもいい。とにかくコミュニケーションを取りに行くこと。

飲みに連れてってくださいよー、仕事教えてくださいよー、ゴルフ教えてくださいよー、

など厚かましくグイグイいっちゃってください。先輩って大体厚かましくくる後輩の方が可愛いと思うので。

ただ、何かしてもらった後はいつもより倍のテンションでお礼を言うこと。これはマストで。

 

これを実践することで、人生が何倍も得しますよ。

ぜひやってみてください。

春野 宏典

この記事を書いたメンバー

代表取締役社長春野 宏典
福岡県出身。
同志社大学卒業。
2016年2月株式会社PRIME CHANGE創業。
自分の強みを教えて:ブレないところ。そしてそのブレない自分の軸に他人を巻き込んでいけるのが強みだと思います。小学生の頃からそんな性格でした。

このメンバーの書いた記事

blog

  • 2024/07/19

    「すべては捉え方」

    メンタルが強い理由 最近社内でも「すべては捉え方」だからと言い過ぎて私の口癖になっています。 私は定期的に言葉のブームというのがあって、最近はもっぱら「すべては捉え方」「すべてはメンタル」「センス」という言葉をよく使って […]

    詳しくはこちら
  • 2024/05/29

    愛される力の大切さ

    人生は平等ではない うちの会社で定めている行動指針は5つあって、その中に「謙虚」と言う項目があります。 そこに記載している内容を共有します。   謙虚 私たちは、謙虚さこそが、 人から愛されるための土台であると […]

    詳しくはこちら
  • 2024/03/28

    人の選択肢

    世の中は思っているよりシンプル 私の中で結構大切にしている考え方をお伝えしたいなと思います。 世の中ってみんなが思っているよりシンプルなんです!! ってどういうことって思いますよね。笑 でも実際そうなんです。 よく悩み事 […]

    詳しくはこちら
  • 2024/02/12

    9期目

    記念式典 うちの会社は2016年2月2日に創立しました。 なので毎年2月2日に周年記念パーティを行います。 私からの1年の総括や、来期の方向性の話をし、1年間頑張った人へ表彰を行い、大人気のビンゴ大会を行い、 毎年盛りだ […]

    詳しくはこちら
  • 2024/01/08

    レベルを上げる

    質の高い学び 新年明けましておめでとうございます。 昨年は皆様にとってどんな年だったでしょうか? 今年はどんな年にしたいでしょうか? うちの会社は1月決算なので、毎年1月に入っても年が明けたという感じがあまりしなくて、 […]

    詳しくはこちら
  • 2023/11/28

    「運」

    運がいい人 数年前、運について先輩と話していました。 私は心の底から運がいいと思っていて、今まで会社がうまくいっているのも全部運が良いからって熱弁していたんですよね。 あーいうタイミングでこれがあって、こういう人に出会え […]

    詳しくはこちら
  • 2023/10/06

    現状否定出来ていますか?

    現状維持は衰退 この前何気なくYOUTUBEをスクロールしていると、「うまくいく経営者7選」といったタイトルの動画が流れてきたので、ぼーっと見てみたんですよね。 よくあるタイトルだし、特に中身のないやつが多いのでいつもは […]

    詳しくはこちら
  • 2023/08/29

    社員からの質問コーナー③【なんで巻き込む力が強いの?】

    言葉は魔法 久々に社員からの質問コーナーを書いてみたいと思います。 うちに新しく入った優秀な子がいるのですが、その子に何か聞きたいことない?と尋ねてみたところ、 「なんで社長は巻き込む力が強いのか知りたい」と言われ、自分 […]

    詳しくはこちら
  • 2023/07/27

    お金の価値って?

    相対的価値と絶対的価値 私の趣味は何?と聞かれると、格闘技!と即答できるくらい格闘技が好きです。 やるのではなく、見ることですが笑 格闘技の中でも特にボクシングが好きで、先日7月25日に有明アリーナで行われた井上尚弥の試 […]

    詳しくはこちら
  • 2023/06/14

    可能性に蓋をすることの恐ろしさ

    勝手に壁を作っている ある経営者の先輩に相談した時に、ハッとしたことがあったので、共有できればと思います。 会社経営をするにあたって、常に頭の中はアイディアでいっぱいです。 新しいビジネスにしても、社内の組織づくりにして […]

    詳しくはこちら
ブログトップへ戻る

close